ディフェンスラインを上げろ! @ 作業興奮だ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

コンサルを超える 問題解決と価値創造の全技法

コンサルを超える 問題解決と価値創造の全技法
コンサルを超える 問題解決と価値創造の全技法
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2018-07-12

 コンサルの仕事は、機会発見・機会の最大活用・成長・価値創造の請負人。当初クライアントが相談してきた問題以外のところにこそ、表面に出てこない各企業に固有のさまざまな問題が潜んでいる。


 知りたいのは、その現象を引き起こしている本質的な問題だ。外から見ると、なぜそこに手をつけないのか?と素朴に疑問を持つような場所だ。しかし、内側の人間は、はじめから、そこには答えはないと決めてかかる。なぜ、本来やるべきことができないのか?これこそが、問題の本質だ。重要なのは、未来につながる新しい道を示し問題を成長機会に変えること。


 この本には、社会的な責任を果たさないと経済的に成功できない。グローバル化とテクノロジーが押し寄せる中、どう実現するかという提案が込められています。この後、LEAN INを読んだのですが、小さな組織の目先の利益を追求するのではなく、大きな社会にとって価値のある選択をすることが自分に返って来るということ。


 私は、この本を流山おおたかの森S・Cにある紀伊國屋書店で見つけて買ったのですが、なんと江戸川台のWonderGooにも積んであったので(*_*;しました。名和先生って、そんなにメジャーなの?しかも、割と高い本なのに……。いずれにしても、とても解りやすいし、基本的なコンテキストを持っている人なら、マーケティングや経営の肝が、今どこにあるかを掴むことができるので、ありなのかも。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。