ディフェンスラインを上げろ! @ 作業興奮だ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

自由な人生のために20代でやっておくべきこと

自由な人生のために20代でやっておくべきこと[キャリア編] (幻冬舎文庫)
自由な人生のために20代でやっておくべきこと[キャリア編] (幻冬舎文庫)
幻冬舎

 ついつい買ってしまう、本田直之さんの本。20代の次女だけではなく、60代の私にとっても、参考になるようなことが、たくさんあります。自由な人生のために“やっておくべきこと”は、チャンスが来た時に、しっかり掴めるように、ポテンシャルを上げておくこと…


 2018/12/9、NHKの『目撃にっぽん』を観ていたら、仕事に就かず、学校にも行っていない“無業”の若者(35歳まで)は、54,000人もいるんですってね。人手不足が叫ばれる中、彼らは、日本の救世主に鳴り得る存在なのに、人間関係の挫折から、コミュニケーション力に恐れを抱いているのです。彼らを育てられるのは、もしかしたら彼らの親世代に当たる、私たち定年族?


>長期的に見て確実なリターンがあるのは、目先の年収より「学び、自分がそこでどれだけ力をつけられるか」。会社選択の際に、「自分がやりたいことができる」ことを理由にした人の方が、給与などの「待遇がよい」ことを理由にした人より、その後の仕事における満足度が高かったそうです……。


 この話を受けて、私は、仕事の「やりがい」は、「どれだけ、自己裁量が与えられるか」言い換えれば、「責任を背負うことが出来るか」に比例すると思いました。仕事が出来るようになれば、自己裁量も責任も増えて大きくなり、やりがいに繋がるのだと……。


 残りの人生を自由に暮らすためには、ある程度の収入と健康が欠かせないが、それを得るためには、自分のスキルをマネタイズする知恵が求められる。社会から求められる能力を身につけることと、誰かに声をかけてもらえる信頼を得ることが大切(^▽^)/

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。