ディフェンスラインを上げろ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

99・9%は仮説

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)
99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)
光文社

>単純な一元論や二元論を離れ、より大きな視点でものごとをみることが大切。より大きな視点とは「間主観性」と呼ばれているもの。世の中に100%の客観などありえない【客観とは、ある意味で習慣の寄せ集め】問題は、どうやってバラバラな主観的仮説どうしの間を「翻訳」し、 全体をうまく協調させるかなのです。間主観性というのは、ようするに「相手の立場になって考えてみる」というだけのことなのです。科学的な態度というのは、「権威」を鵜呑みにすることではなく、さまざまな意見を相対的に比べて判断する“頭の柔らかさ”なのです。


 世の中に客観などあり得ない。誰もが世の中を、そして自分自身すらも主観的に観察し評価している。習慣を寄せ集めて可能な限り客観に近い主観を手に入れようと努力するのか、割り切って自分の主観に全権を委ね、自分の主観が満足する人生を追求するのか、それは個々の自由なのかもしれないが、世の中が住みにくい方向に暴走している事態は、既得権益を守ろうとする人々が、自分自身の主観が、客観とは程遠いものに過ぎないという事実を知らず、自分の主観に頼った正義を振りかざすからだろう。力を持つ者ほど、知的でなければならない。

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX縞猫へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。