ディフェンスラインを上げろ! @ 作業興奮だ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

 お風呂の窓が開かなくなった…

 我が家の「お風呂の窓」は、ガラスルーバー窓と呼ばれるもの…
 この窓は、オペレーターハンドルと呼ばれるものを、回すことで
 開閉することができる。


 その窓が、昨日(2016年12月9日)、開閉できなくなった…
 オペレーターハンドルを回しても、力が窓に伝わらないのだ。
 我が家に限らず、どこの家庭でもそうだと思うが、お風呂は、
 湿気がこもるので、窓が開かない状態というのは、カビを
 増殖させるための恒温槽のようなものだ。


 この窓は、表示によると「トステムのNCVオペラ」というもの
 早速、ネットで調べたら、オペレータ―ハンドルと右側から
 左側に付け替える方法を説明しているページがあった。


 我が家は、この窓が「お風呂、洗面所、2つのトイレ」と
 4個所に使われている。
 そこで、最も開閉する機会の少ない(開閉できなくなっても、
 大勢に影響が少ない)洗面所の窓からオペレーターハンドルを
 移植することにした。


 お風呂のガラスルーバー窓からオペレーターハンドルを外すと、
 連動バー(ガラス製のルーバーを連動して動かす機構)と
 オペレータハンドルとを連結しているコネクティングロットが
 ボロボロに腐食して、ロット軸の手前で折れてしまっていた。


 次に、洗面所のガラスルーバー窓からオペレーターハンドルを
 外し、お風呂のガラスルーバー窓に移植する。この作業は、
 3つのネジを外して付けるだけなので(ネジは固着しているが)

 簡単である(事前に潤滑剤をタップリかけておく必要がある)。
 こうして、無事、お風呂のカラスルーバー窓は動いた。


 コネクティングロットには、BRJ-393Rと刻印されている。
 現在、トステムのお客さま相談センターに電話して、
 このオペレーターハンドルだけを購入することができるか、
 確認中です。


 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ にほんブログ村 猫ブログへ 

 にほんブログ村 猫ブログ MIX縞猫へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。