ディフェンスラインを上げろ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

ぼくたちに、もうモノは必要ない(その3)

・健康になれる。安全である
 「人の欲望を欲望する」ということは、自分にとって過剰なことだ。
 過剰なことを続ければ、体調を崩すこともあるだろう。
 ストレスが大きければ、過食もするだろう。
 怒りを収めるためには、甘いものが必要な時もある。
 自由な時間がなければ、歩く時間すら惜しくなることもあるだろう。


・人との関係が変わる
 相手を羨むことがなくなり、相手から羨望されることもなくなる。
 しかしそれは、人との関係がギクシャクするということではない。
 お互いに相手が持っているものに目を向けることがなくなり、
 相手の本質に目を向けることができるようになる。
 モノを通じた関係ではなく、心を通じた関係になる。


・今、ここを味わえる
 旅行をして、良い景色を見た時は、写真を撮るのではなく、
 網膜に焼き付けよう。その記憶が、変わってもかまわない。
 それは、あなたの成長と共に、成長する記憶だから…
 あなたは、今、ここを味わい、常に、今を味わう。
 誰にとっても、過去より、そして未来より、今が大切である。


・感謝できる
 感謝できる人は、感謝される。感謝されたいから、感謝するのではない。
 それでは、順番が逆である。あくまで、感謝できることが先なのである。
 ギフトは、相手のためだけにあるのではない。ギフトを渡す側にも
 意味がある。ギフトを渡せるということは、自分の心にゆとりがある証。
 その証は、自信に繋がり、モノを持たないことへの勇気が湧いてくる。


にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ にほんブログ村 教育ブログ 教育コーチングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。