ディフェンスラインを上げろ! @ 作業興奮だ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

ぼくたちに、もうモノは必要ない(その2)

・人の目線を恐れなくなる
 モノをたくさん持たなくなる代わりに、持つものは、
 良いモノを持とう。良いものとは高価なものという意味ではない。
 地味で、目立たないけど、汎用性の高い、フォーマルでエレガントな
 モノを持とう。フォーマルでエレガントとは、自分に合っている
 ということだ。良いものは、自分に自信を与えてくれる。


・行動的になれる
 自由な時間が出来、自信がつき、ゆとりができる。お金を稼ぐために
 使っていた時間は、行動するための時間になる。持っているモノを
 使うために使っていた時間も行動するための時間になる。モノを
 守ったり、管理するために使っていた時間も、行動するための時間になる。
 モノは、何よりも時間を消費する切っ掛けになるのだ。


・集中力が高まる。自己に徹する
 覚えていなければならないことが少なくなると、心配事も少なくなる。
 心配事が少なくなると、集中力が高まる。人の目線を恐れなくなると、
 集中力が高まる。集中力が高まると、自己の人生を生きることが
 容易になる。生きているということは、他人になろうとすることではなく、
 自分自身になろうとすることだ。自分を探すという意味ではない。
 
・節約だってできる。エコにもなる
 人の欲望を生きるために必要なモノが要らなくなれば、
 当然のことながら節約になる。人の欲望を生きるために必要なモノは、
 自分が欲しいものではないので、直ぐに飽きてしまい、十分に
 活用しないうちに要らなくなる。それは、モノにとっても
 不幸なことだ。エコロジーにも反すると思う。


にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ にほんブログ村 教育ブログ 教育コーチングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。