ディフェンスラインを上げろ! @ 作業興奮だ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

どうしたら良い習慣が身につくのか?(その2)

 もう一つは、苦手な英語の勉強です。具体的には、毎日の音読です。あまりいばれないのは、たった5分の音読だからです。そして、その効果も現時点では報告できませんが、年末にTOEICを受けることになっているので、鉛筆を転がして回答したような点数が、どこまで伸びたか(それとも伸びなかったか)報告できると思います。こちらは、まだ2ヵ月しか続いていませんが、勤務先までのウォーキングにかかる45分の間に、ウォークマンで英語を聞くという習慣は、5カ月続いています。


 最後は、読書です。私は、永遠の平社員なので、自己啓発書を読んでいると言っても、効果は?ですが、少なくともウツになりそうなほど追込まれても、読書によって得た世界の視点が、自分を支えてくれていることを実感することができています。


 勤務先で議論をしていても、そもそも何を目的として、どのような目標を立て、どのような手段で達成しようとしているのか?という最も大切なところが抜け落ちていることが少なくありません。議論の渦に巻き込まれ、何を話しているのか見失っているように見える同僚たちを、少し上から見下ろすように、客観的に見ることはできるのは、毎日毎日、自己啓発書を読んできたおかげだと思っています。


にほんブログ村 経営ブログ コーチへにほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。