ディフェンスラインを上げろ! @ 作業興奮だ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

スローライフ 緩急自在のすすめ

「まえがき」の“柄にもなく、気忙しい人生を送ってきたひとりの男(自称「時間貧乏人」)の、いささか反省が籠められた本です。”という自嘲?から始まる本書は月間読書誌「図書」(岩波書店)に2005年1月号から15回にわたり連載された「緩急自在のすすめ」を基にしているそうです。“ますます「ファスト」になる世の中で「スロー」の効用、いちばんのカギは「緩急自在」の「自在」の部分にあります。自れが在る―自分が緩急のペースを選び取るということでしょう。”と締めています。


筑紫哲也さんが推奨する『スローライフ』とは、自主的に生きることです。自主的に生きることは、他者の価値観に影響されず、自分の行動原則に従って幸せになることです。

スローライフ―緩急自在のすすめ (岩波新書)
スローライフ―緩急自在のすすめ (岩波新書)
岩波書店


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。