ディフェンスラインを上げろ! @ 作業興奮だ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

信頼学の教室

 元の信頼が高い人について良い情報と悪い情報があると、元の評価に一致する良い情報のほうが重みを持つので高い信頼が維持されやすい。一方、元の信頼が低い人について良い情報と悪い情報があると。元の評価に一致する悪い情報のほうが重みを持つので低い信頼が維持されやすい。これは「信頼の非対称性」と呼ばれます…改めて言われてみると、そりゃそうですよね。って感じです^^;


 ●×▼は、すべてのお客様に安心・安全な製品をご提供するために品質経営を根幹として、社会から信頼されるモノづくりに努めるとともに、企業倫理を重視したCSR活動を推進することで、企業としての社会的責任を果たしてまいります。などど言っている会社はどこの会社?

信頼学の教室 (講談社現代新書)
信頼学の教室 (講談社現代新書)
講談社


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。