ディフェンスラインを上げろ! @ 作業興奮だ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

やりたいこと、やらなければならないこと、できること。

私は、かねてから、「やりたいこと」「やらなければならないこと」
「できること」の重なりが大きい人ほど幸せな人だと思ってきました。


たとえば「やりたいこと」は「海外旅行をすること」
「やらなければならないこと」は、「海外のサプライヤーを指導すること」
「できること」は「品質管理の指導」ということだとすると、
重なりが大きいような気がしませんか?


つまり、できることが多い人ほど「やりたいこと」「やらなければならないこと」
「できること」の重なりを大きくすることが可能なのです。
だから、私たちは、選択肢を増やそうと教育や訓練を受けるのです。


「何がやりたいのか分からない」という人は、まだ「できること」が少ないのです。


まず「できることを」を増やすために、教育や訓練を受けましょう。


にほんブログ村 経営ブログ コーチへにほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。