ディフェンスラインを上げろ! @ 作業興奮だ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

自分も「教科書が読めない子供たちさぁ~♪」と思った?

 『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』を読んで、私は(子どもではなく、老人になりつつあるオジサンですが)、自分の読解力が「AIや教科書が読めない子どもたち」並みであることに気付いてしまいました。

AI vs. 教科書が読めない子どもたち
AI vs. 教科書が読めない子どもたち
東洋経済新報社

 そんな時、BOOKOFFで見つけたのがこの「わかったつもり」。曲がりなりにも、文章を書くことが生業なので、危機感を募らせています。早飲み込みという悪い癖を克服するためにも、自分の実力を客観的に把握した上で、必要な施策・方策を打っていきたいと思いカゴに入れました。

「読む」技術 速読・精読・味読の力をつける (光文社新書)
「読む」技術 速読・精読・味読の力をつける (光文社新書)
光文社

 わかるということは、具体的な指示がわかる、ということではなくて、コンテクストも含めて、抽象的にわかる、ということなのではないかと思います。そのためには、そこに書かれているすべての言葉と文章の両方から理解するということが必要なのだと思います。


 私たちが文章を読む時、その文章が示唆する「何の話(文脈)」から、「スキーマ(私たちの中に既に存在しているひとまとまりの知識)」を発動して、わかろうとするわけです。つまり、私たち一人ひとりが持っている「スキーマ」の違いによって、わかりかたが違ってくるわけです。私たちは、同じ情報を与えられれば、知ることは同じだと思いがちですが、知ることは、人それぞれ違うのです。


 きちんと体系的に書かれているので、まどろっこしく感じましたところもありましたが、読み終える頃には「矛盾」や「無関連」を克服し「わかったつもり」から「よりよくわかる」段階に到達できたのではないかと思います。私のように、自分も「教科書が読めない子供たちさぁ~♪」と思った人は、迷わず手に入れてほしい。目から鱗が落ちることは請け合いです。

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX縞猫へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。