ディフェンスラインを上げろ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

もう一度!?2日で人生が変わる「箱」の法則

2日で人生が変わる「箱」の法則
2日で人生が変わる「箱」の法則
祥伝社

 6年前に読んだ時は家族がテーマだと思ったのですが、再読した「箱」の法則は、家族や職場に平穏をもたらすだけではなく、延いては民族や宗教の違いを越え、人類に平和をもたらす可能性を持つ概念でした。あなたが対立している相手にも、あなたと同じように家族がいて、妻子を守るために命がけで戦っているのです。本来であれば家族を大切にしている人ほど、対立している相手が大切にしている妻子への気持ちが理解できるはずです。相手への感情を高ぶらせる前に、相手も同じ人間であることを思い出し、戦う以外の方法がないか考えてたいものですね。


 6年ぶりに読んだ『2日で人生が変わる「箱」の法則』は、少し前に読んだ岸見一郎先生によるアドラー心理学の本との相乗効果で、私たちが入ってしまいがちな「箱」の存在を明確に意識させてくれる内容でした。アサド、プーチン、トランプ大統領にも読んでもらいたい!?


 私の症状は「劣等感×嫉妬心=優越の箱」だと思いました。自分には許していることを人には認ない、いわゆる人に厳しく自分に甘い態度は、まさに「箱」に入っている状態で、ジョハリの窓的に言うと、自分は知らないが他人は知っている自分の領域が肥大しているのだと思いました。私は「箱」を軟らかくすることができるのか!?


 『2日で人生が変わる「箱」の法則』を再読した後、『自分の小さな「箱」から脱出する方法』も再読しています。“箱の法則”が“脱出”よりも過去の話なのは、「“箱の法則”を読んだ後に“脱出”を復習してもらいたい。」という気持ちが込められているのかもしれません。


 三つの宗教の聖地と言われるエルサレムを奪い合う戦いや、既得権益を覆そうする戦いも、人類が「箱」から出ることができれば、終止符が打てるかもしれません。人類は、もはや言い伝えられる規範よりも、自ら規範を生み出せなければない段階に入っているのだと思います。それは科学技術の進歩よりも重要です。


 家族がテーマということで、6年前には、自分は「箱」に入っていないような気がしていましたが、一見上手く行っているように見える家庭や職場で、誰かが「箱」に入っていると、周囲の人も「箱」に入らざるを得なくなって、そこに対立構造ができてしまう可能性があります。先ず自分が「箱」から出ることは、勇気が要ることですけれども、すべの改善は、そこから始まるのです。


 ちょっと本のテーマとはズレているかもしれませんが、もしかしたら私たちは、生きる目的を見失っているのかもしれませんね。家族とともに幸せになるために、経済的に豊かになろうとすることは、場合によっては、家族や同僚とのかけがえのない時間を粗末にすることに繋がっているのかもしれません。家族や同僚との関係を豊かにすることの方が、求めていることへの近道なのだと思いました。


 『日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則』を読み始めました。舞台が日本ということで「垢抜けない感じなんじゃないかな」と心配していましたが、これはこれで面白いです。読了したら、感想・レビューをアップしたいと思います。


にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX縞猫へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ

ソロモンの偽証

ソロモンの偽証 全6巻 新潮文庫セット [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫...
ソロモンの偽証 全6巻 新潮文庫セット [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫...
新潮社

2014年11月03日
 私は『ソロモンの偽証:第Ⅲ部 法廷 下巻(新潮文庫)』の9~467頁を読んでいない。だって私は、この部分を単行本の397~722で読んだから…でも、この本に収録された『負の方程式』を読むために、私はソロモンの偽証に帰って来たのだ。だから『負の方程式』を読み終えた今、この本を「読んだ本」に追加して良いよね。単行本で読んだ人は、誰もが『負の方程式』って何だ?何が書かれているの?と私の様に不満になるだろう、でも、その「読みたい、買うか、買うまいか」という欲求と逡巡は、単行本で読んだ人だけに与えられた特権なのだ!


 この物語りを絶賛している宮部ファンの皆様も、異口同音に「中学生のくせに賢すぎる。」と言っていますが、私は『第Ⅰ部 事件』を読んだ段階で、これは、現実的な世界を舞台にしたファンタジーなんだと…彼らが使うのは、魔法ではなく、中学生としては類まれな知力であるだけだ。


 「大人の価値観で見ればば、誰も救われないどころか、迷惑にしか映らない学校内裁判を、小説の中とはいっても真実味を保って実現させた宮部先生は流石だと思いました。具体的な内容は明確に覚えていないのですが、大人の弱みを掴み利害が絡む取引を提案することによって自分のやりたいことを実現させてゆく涼子に、意思の強さよりも成熟した魔女のような狡猾さを感じたのは私だけでしょうか?いずれにしても人生のどこかで致命的な傷を負った戦士たちが自らを癒して行く過程は、感動的でした。」


 人は、継続的に生きて行くために、成長してゆくために、自分自身を好きにならなければならない。自分自身を好きになるためには、自分自身が止むを得ず犯してしまった過ちに決着をつけなければならない。この『ソロモンの偽証』で行われる裁判は、主人公たちが、自分自身の罪を複眼的な視点から見詰める為の儀式である。判決は、人から下されるものではなく、自分が自分に与えるものなのである。


 『ソロモンの偽証』を読んでいる時に思ったことですけれども、人間は、言語を使って、過去のことも、未来のことも、自分が行ったこともない宇宙のことも知ることができるし、考えることができる。だから、人間らしく生きるということは、未来のために、過去を活かすことなのだと思う。


 神原君の証言で明かされた真相を裏付ける証拠はどこにもないわけですけど、それは信じるしかないのでしょうね。ちょっとだけ引っかかります…


 これでもう、杉村三郎さんは、宮部みゆきさんにとっての看板俳優決定ですけれども、さて看板女優は誰にしましょうか?順当に行くと、摸倣犯の前畑滋子なんですけれども、杉村三郎さんを演じた小泉孝太郎さんが、36歳で、滋子を演じた木村佳乃さんが、38歳なので、ドラマでの共演は十分可能ですね^^;A


 『ソロモンの偽証』を読み終えた後、『レベル7(1990)』『スナーク狩り(1992)』と古い宮部作品を読んだ。宮部さんの作品は、フィクションだとわかっていても、真相?を知りたくて深く読み込もうとしてしまう。現実よりも(ある意味)真実を表しているような物語りは、私たちの身の回りでも起こっている出来事を映している鏡なのかもしれない。

レベル7(セブン) (新潮文庫)
レベル7(セブン) (新潮文庫)
新潮社
スナーク狩り (光文社文庫プレミアム)
スナーク狩り (光文社文庫プレミアム)
光文社
2011-07-12


にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX縞猫へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ

【スズキ ワゴンR 新型】Lサイズミニバン並の迫力フェイス…

SUZUKI ワゴンR
SUZUKI ワゴンR
交通タイムス社
2017-02-28

【スズキ ワゴンR 新型】Lサイズミニバン並の迫力フェイス…って
スティングレーのフロントビューばかりでなく、サイドビューを見て
唖然としました。まるでトヨタのアルファードやベルファイアのような
ウィンドウグラフィック…スライドドアではないのに、こんなに
Bピラーが太かったら、後部座席に座る人の閉そく感は凄いのでは…


昔々、ホンダZという軽自動車がありました。当時のフェアレディZを
チョロQにしたようなデザインは、模倣と言うよりもトリビュートという
感じをうけるぐらいまで昇華されており、素晴らしいものでしたが、
ワゴンRのデザインは、むしろパクリと言っても良いくらいで、
同様にミニをパクったダイハツの初代ミラジーノを見た時のような感じ…


私もデザイナーの端くれだったことがあるので、この車のデザインを
したデザイナー、それを承認しなければならなかったディレクター、
そしてプロデューサーに、哀れさを感じます…


にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX縞猫へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ

プレミアムフライデー

のぼり旗 プレミアムフライデー25 GNB-3037 (受注生産)
のぼり旗 プレミアムフライデー25 GNB-3037 (受注生産)
のぼり屋工房
文房具・オフィス用品

 政府は、経団連などと連携し、アメリカの「ブラックフライデー」にならい、月末の金曜日に早めに仕事を切り上げ、夕方から買い物や飲食、旅行などを楽しんでもらうという「プレミアムフライデー」という消費喚起策を2017年2月24日から実施した。デパートなどでは、セールを実施したり、特別な商品・サービスが提供された。


 経産相は「プレミアムフライデーが単なる安売り日ではなく、デフレ的な傾向を変える、一つのきっかけになることを強く期待している。企業が有給休暇の取得促進やフレックス制度の活動を促すことで、買い物や家族との外食、観光やボランティア、旅行など、豊かさや幸せにつながる充実感や満足感を得ることができる環境づくりにつながることを期待しています」などと語った。


 私が勤務する会社では「プレミアムフライデー」の「プ」の字も聞こえず、いつもと変わらない金曜日の午後を過ごした。それでも帰りは「柏の葉ららぽーと」に寄り、豪華な「GODIVA」の店舗を横目で見ながら書店に向かい、新書を2冊購入した。ささやかな私の「プレミアムフライデー」でした。


にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX縞猫へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ

日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則

日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則 感情に振りまわされない人生を選択する (きずな出版)
日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則 感情に振りまわされない人生を選択する (きずな出版)
PHP研究所
2014-05-20
Kindle本

 おわりにより「どんなことが起きても、箱には入らないで、それらと向き合えたらと思います。それが、一番、自分を楽にさせる方法だと信じています。自分が変われば相手も変わるものです」確かに、変わって欲しい様な相手に対しても、尊敬する人とか、自分の人生にとてもいい影響を与えてくれた人に接する様にすると、相手との関係が変わる様な気がします。しかしこれは「相手が変わった」と言うよりも、自分が「箱」から出られた瞬間なのだと思います。先ず自分から変わるということではなく、自分が変わることによって世界の見え方が変わるのです。


 自分にとって都合の悪い問題が起こった時、人のせいにして心を乱していると、何時まで経っても負のスパイラルから逃れることはできませんよね。スティーブン・R・コヴィー博士の『7つの習慣』に書かれている「関心の輪」ではなく「影響の輪」に働きかけることも、まさに「箱」から出る(自ら変わる)ことなのではないかと思いました。


 「相手に良く思われようと考えてる時、私は相手より自分に関心がある。」自分が相手からどう見えるかではなく、相手に関心を寄せ、求めている結果を得るために貢献することが相手との関係を良くする方法なのだと思います。


 「自分が感じたことをするか、裏切るか」例えば、駅などの公共の場所に手袋が落ちていた時、拾って駅員さんに預ければ、落とした人が取りに来るかもしれない…そんな小さなことができないと、「落としたことを気づかない人に非があるんだ。」というように、誰かに責任を押し付けなければならなくなります。それってちょっと悲しいですよね。


 自分が箱に入って(いる状態で)接していると思う人が経験しているだろうと思われる障害、重荷、苦痛を考えてみる。自分が(その人に)加えたと思われる障害、重荷、苦痛を書き出す。大きい小さいにかかわらず、その人を不正に扱ったり、見下してみたことはないか…これらのことを踏まえて、(自分が)その人にすべき(いますぐにでもできる簡単な)ことは何か…実は、自分が受けていると思っている障害、重荷、苦痛は、自分が相手の障害、重荷、苦痛を理解しないことによって生じているわけですね。


 「箱」からでることによる効能・効果の一つとして、相手の気持ちがより良く見える、ということがあるような気がします。いつも反逆的な私の柔らかい態度にホッとしているように見える相手を観察するのが面白いですヾ(- -;)


 上司や同僚とのギスギスした関係は、どちらか「箱」に入っている方が原因なのですが、「箱」に入っている人って、現状の自分に満足していなくて、焦っているんですよね。そのため、のほほんとしている人と絡みがあるとイライラするわけですが、相手を刺激しても仕事が上手く行くだけではないので、相手が自ら良い方向に動きたくなるように上手く促すことが大切ですね。


 自分が箱に入っていたことが分かると、そんな自分にも普通に接してくれていた家族に対して感謝の気持ちが生まれます。やはり「箱」の法則を理解することの最大のメリットは、自分が変わることなのではないかと思います。


にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX縞猫へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ