ディフェンスラインを上げろ! @ 作業興奮だ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

みなさん、気づいていましたか (・・?

 ムラゴンは、無料でも、広告がないんです!

 私は、ライブドア、アメーバ、グー、ティーカップ、エキサイト、
 ワードプレス、シーサー、ハテナ、ヤプログなど、複数の
 ブログを開設し、その殆どを放置していますが、
 この中で、無料でも広告が表示されないのは、
 このムラゴンとワードプレスだけです。


 サービスによっては(私がクリックしたのがいけないのですが)
 あまり上品ではない広告が表示され、せっかく選んだ背景を
 台無しにしてくれます。


 ムラゴンは、デザインの選択肢が少ないという欠点はありますが、
 その点は、ブログ村との連携で採算がとれているのか、
 広告の表示がないという点が、嬉しいですね。


 にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ にほんブログ村 教育ブログ 教育コーチングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぼくたちに、もうモノは必要ない(その3)

・健康になれる。安全である
 「人の欲望を欲望する」ということは、自分にとって過剰なことだ。
 過剰なことを続ければ、体調を崩すこともあるだろう。
 ストレスが大きければ、過食もするだろう。
 怒りを収めるためには、甘いものが必要な時もある。
 自由な時間がなければ、歩く時間すら惜しくなることもあるだろう。


・人との関係が変わる
 相手を羨むことがなくなり、相手から羨望されることもなくなる。
 しかしそれは、人との関係がギクシャクするということではない。
 お互いに相手が持っているものに目を向けることがなくなり、
 相手の本質に目を向けることができるようになる。
 モノを通じた関係ではなく、心を通じた関係になる。


・今、ここを味わえる
 旅行をして、良い景色を見た時は、写真を撮るのではなく、
 網膜に焼き付けよう。その記憶が、変わってもかまわない。
 それは、あなたの成長と共に、成長する記憶だから…
 あなたは、今、ここを味わい、常に、今を味わう。
 誰にとっても、過去より、そして未来より、今が大切である。


・感謝できる
 感謝できる人は、感謝される。感謝されたいから、感謝するのではない。
 それでは、順番が逆である。あくまで、感謝できることが先なのである。
 ギフトは、相手のためだけにあるのではない。ギフトを渡す側にも
 意味がある。ギフトを渡せるということは、自分の心にゆとりがある証。
 その証は、自信に繋がり、モノを持たないことへの勇気が湧いてくる。


にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ にほんブログ村 教育ブログ 教育コーチングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぼくたちに、もうモノは必要ない(その2)

・人の目線を恐れなくなる
 モノをたくさん持たなくなる代わりに、持つものは、
 良いモノを持とう。良いものとは高価なものという意味ではない。
 地味で、目立たないけど、汎用性の高い、フォーマルでエレガントな
 モノを持とう。フォーマルでエレガントとは、自分に合っている
 ということだ。良いものは、自分に自信を与えてくれる。


・行動的になれる
 自由な時間が出来、自信がつき、ゆとりができる。お金を稼ぐために
 使っていた時間は、行動するための時間になる。持っているモノを
 使うために使っていた時間も行動するための時間になる。モノを
 守ったり、管理するために使っていた時間も、行動するための時間になる。
 モノは、何よりも時間を消費する切っ掛けになるのだ。


・集中力が高まる。自己に徹する
 覚えていなければならないことが少なくなると、心配事も少なくなる。
 心配事が少なくなると、集中力が高まる。人の目線を恐れなくなると、
 集中力が高まる。集中力が高まると、自己の人生を生きることが
 容易になる。生きているということは、他人になろうとすることではなく、
 自分自身になろうとすることだ。自分を探すという意味ではない。
 
・節約だってできる。エコにもなる
 人の欲望を生きるために必要なモノが要らなくなれば、
 当然のことながら節約になる。人の欲望を生きるために必要なモノは、
 自分が欲しいものではないので、直ぐに飽きてしまい、十分に
 活用しないうちに要らなくなる。それは、モノにとっても
 不幸なことだ。エコロジーにも反すると思う。


にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ にほんブログ村 教育ブログ 教育コーチングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ぼくたちに、もうモノは必要ない(その1)

モノを捨て、ぼくが変わった12のこと
{私(カカポ)が思ったこと}最初の4つ


・時間ができる
 私たちにとって最も貴重なことは、モノではなく時間である。
 しかし私たちは、その貴重な時間を無駄にしがちだ。
 特に他人の時間を無駄にする人が多い。
 そういう奴とは、出来るだけ距離をおこう。
 そういう奴が、上司だったり、顧客だったりすると、最悪である。


・生活が楽しめる
 生活を楽しむということは、自由な時間を持つということである。
 モノをたくさんもっていると、そのモノを守ったり、管理したり
 自由に使える時間が少なくなってしまう。
 だから、モノを減らすと自由に使える時間が増える。
 車が無ければ、車検の心配をする必要もなくなるのだ。


・自由と解放感を感じられる
 モノを持っていると、モノを持っているということを
 記憶しておかなければならない。それは、とても不自由なことで、
 モノに拘束されているということだ。モノを手放せば、
 モノからも手放してもらえる。そして解放感が得られる。
 新たな一歩が踏み出せるようになるということだ。


・人と比べなくなる
 ジャックラカンは、「人は、人の欲望を欲望する」と言った。
 モノを持つということは、「人の欲望を欲望する」ということだ。
 モノを持つということは、人の価値観に拘束されるということだ。
 いつも、人の価値観を意識して、それに合わせなければならなくなる。
 言い換えれば、企業にとって、良いカモになるように努力することだ。


にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ にほんブログ村 教育ブログ 教育コーチングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

「リッツ」「オレオ」を手放したヤマザキビスケット

「リッツ」「オレオ」を手放したヤマザキビスケットに勝算はあるのか?


「ナビスコ リッツビッツサンドチーズ」が好きだったので、ちょっと残念ですが、
仕方がないですね。ヤマザキビスケットのロゴマークは、とてもカッコ悪いですし、
新製品のパッケージデザインも(意図したものなのかもしれませんが)古き良き
アメリカ!?みたいな感じですが、培った技術は間違いないと思いますので、
味は期待できるでしょう。


ついにこの日が!新しくなった「オレオ」、「リッツ」、「プレミアム」が新発売!


にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ にほんブログ村 教育ブログ 教育コーチングへ ブログランキング・にほんブログ村へ