ディフェンスラインを上げろ! @ 作業興奮だ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

しくじり先生

2016年8月29日の「しくじり先生」に、下ネタと詩吟を融合した
「エロ詩吟」(・・? ネタで大ブレイクした天津木村が登場。


〔2008年「エロ詩吟」ネタが注目を浴び、以降「消えた芸人」になった、
 天津木村が、安易に下ネタに手を出したために(過激なネタに
 走りすぎたせいで女性やファミリー層から嫌われてしまい、仕事が
 激減してしまったしくじり先生)として教壇に立つ。〕


自分(が受ける)のことしか考えていなかった天津木村が、
そのような生き方の代償を思い知ったことを語ったわけですが、
自分のことしか考えず行動してしまう、ということは、
大なり小なり、誰にでもあることですよね。


でも、そんな時、私たちは、陰で傷ついている、陰で私たちを
支えてくれている、人たちのことを忘れてしまいがちです。
陰で私たちを支えてくれている人たちは、私たちが幸せなら
それでいい、と犠牲的な気持ちで耐えてくれているのかも…


私たちは、自分と他人の違いに気が付きにくいものですけれども、
愛される人たちは、常に自分のことだけではなく、自分を支えて
くれている人たちの献身に気が付き、感謝できる人なのかも…
その違いに気が付ける人になりたいものですね。


にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ にほんブログ村 教育ブログ 教育コーチングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

堀江貴文さんが刑を受けている間に1000冊の本を読み、
書いた『ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく』
その中に「働いていれば、ひとりにならずにすむ。誰かとつながり、
社会とつながることができる。自分が生きていることを実感し
人としての尊厳を取り戻すことができる。」という言葉がある。


仕事の意味は、色々あるだろう。生きるための糧を得るためにから、
自己実現をするためにまで、様々な理由があるだろう。
でも、本当の意味は、堀江さんのこの言葉に集約されている。
人類は、生きるために、働いてきた。身体はもちろん、心を
支えるために、誰かと繋がるために、尊厳を取り戻すために。


にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ にほんブログ村 教育ブログ 教育コーチングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ディフェンスラインを上げろ!

私は、ことし58歳になりました。
定年まで、後2年しかなくなりました。
そんな焦りを感じる一方で、徐々に意欲を失いつつある自分を感じます。


この歳になって、遅ればせながら気が付いたことがあります。私たちが、
何故勉強しなければならないか、経験を積まなければならないかについてです。


人が、何か始めようとするとき、自分がやりたい!という気持ちが大切です。
しかし、それだけでは中々始めることは出来ません。
そこには、やらなければならない!という緊迫感と、誰かの期待が必要です。
そうです。何かを始める時は、その人に、それをやり遂げられるという
可能性が必要なのです。


その可能性を培うのが、勉強や経験です。何かをやりたくなったとき、
それを始めるためには、それを始められるだけの基礎が必要なのです。


にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ にほんブログ村 教育ブログ 教育コーチングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

誰もがハンディを抱えている

24時間テレビを見ています…
ハンディを抱えながら頑張っている人に、勇気を貰っています。
でも、一見ハンディを持っていないように見えても、
私たちは、誰もがハンディを抱えているのです。


ある物差しで測ったら、誰もが能力の違いを持っています。
リオオリンピックで金メダルを取った選手だって、その競技以外は
苦手で、誰かの支援なしに暮らせない人かもしれません。


だから、私たちは集団生活をして、助け合わなければならないのです。
夫々が所属する集団が、暮らしやすい組織になるように、誰かが、
ハンディを抱えていることを、ハンディを抱えていない人が補って、
全体的には何とかなるようにしなければなりません。


それができるのが人間の素晴らしさであり、人間らしさなのです。
弱い人を踏み台にして、上に登ろうとするのは、遺伝子の意思かも
しれませんが、それに従うか、人間にしかできないことをやるか、
それを選択するのは、私たち一人ひとりの意思なのです。


にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ にほんブログ村 教育ブログ 教育コーチングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

絶対に諦めない(・・?

リオオリンピックが終わりました。
金メダルを取れた人、銀メダルと取れた人、銅メダルを取れた人、
メダルを取れなかった人、リオまで行って試合に出られなかった人、
リオに行く切符を手に入れられなかった人…


でも、誰もが最後まで諦めなかったのではないでしょうか?
勝つか負けるか、それは、相手との相対的な関係で決まりますが、
誰もが、自分自身との闘いには、負けなかったのではないでしょうか?


もちろん、中には、100%頑張れなかったと悔やんでいる人も
いるかもしれません。でも、100%って何パーセントでしょう?
私たちは、はたから見て、頑張るべきことだけをやっているわけでは
ありません。中には、誰かの親であったり、子供であったり、
仕事を持っていたり、精一杯打ち込めない環境にいる人もいるはずです。


みんな、その中で、100%頑張ったに違いありません。
人として、取らなければならないバランスの中で、100%頑張った!
だから、誰にも言わなくてもいいから、自分の首に、自分の胸に、
目に見えない金メダルを掛けてあげてください。その金メダルを持って
噛んでみましょう。硬いですよね。その硬さがあなたの意志の硬さです。


にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ にほんブログ村 教育ブログ 教育コーチングへ ブログランキング・にほんブログ村へ