ディフェンスラインを上げろ! @ 作業興奮だ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

「苦手な家事は何ですか?」

 舛田 光洋さんによる「そうじ力」シリーズ?を3冊も読んだのに…相変わらず苦手な家事は、そうじです…でも、改めて自分が書いた感想・レビューを読むと、そうじ力を高めることによって、部屋がきれいになるだけではなく、「運がよくなり、成功が加速し、夢がかなう」ことが分かります。そうじが苦手な方は、勉強が苦手な方と同じように、最初から飛ばし過ぎて続かなくなってしまう…先ずは、毎日15分から…

3日で運がよくなる「そうじ力」 (王様文庫)
3日で運がよくなる「そうじ力」 (王様文庫)
三笠書房

 本文より・・・部屋がたくさんの荷物であふれているとしたら、 それは、あなたの心にそれだけ多くの荷物がある、ということです。 古くなり不要になったものは、そのモノ自体がマイナスのエネルギーを発する 存在に変わります。 新しい自分になるためにの足かせになるものを残してはいけないのです。
  捨てなければ、新しい運気はめぐってこないし、新しい未来もやってきません。 何のために捨てるのか―それは悪いエネルギーを一掃し、 新しく生まれ変わるためです。

夢をかなえる「そうじ力」 (サンマーク文庫)
夢をかなえる「そうじ力」 (サンマーク文庫)
サンマーク出版

 著者の舛田さんは、以前、事業に失敗し、離婚した経験がある。傷つき何も手につかず、部屋はすゴミ溜めのようになっていた。そんな舛田さんが目覚めたのは…友人が舛田さんの部屋の汚さを見て驚き、翌日、色々な道具を持って来て部屋のそうじをはじめた。その友人はプロのそうじ屋だったのです。
 そうじが終わり、その友人はスッキリした顔で「どうだ、気持ち良いだろう」と言ったそうです。舛田さんは、今や「そうじ力研究会代表」などを務め、「そうじ力」を導入した独自の企業発展プログラムを開発し、多くの経営者から高い評価を得ている。

成功を加速する「そうじ力」
成功を加速する「そうじ力」
ソフトバンククリエイティブ

 「自分の現状を正しく把握せずして、成功はない」根拠のない焦りを退治するために、心を静めて素直に自分自身と向き合うこと。焦りから解放されて、自分自身の責任であると気づいたとき、正しく客観的に自己の現状を把握することができる。
 毎回同じパターンで失敗する人は「自分は失敗する」と信じている。恋愛で傷つく人、貧乏だと嘆く人は、自己限定を崇拝している。自分を信じるところから始めなくてはならない。あなたがあなたを信じてやれなくて、いったいだれがあなたを信じてくれるでしょう?人は、信じられた時に無限のパワーを発揮します。


にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX縞猫へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ

「好きな落語家はいますか?」

昨年、職場の親睦会で、寄席に連れて行ってもらうという
経験をしましたが、落語には、疎いです。
そんな私が、凄いと思ったには「鶴瓶」さんです。
マルチなタレントとして縦横無尽の「鶴瓶」さんですが、
ある時、落語を演じていて、とても面白かったのです。

SWITCH vol.27 No.7(スイッチ2009年7月号)特集:笑福亭鶴瓶[鶴瓶になった男の物語]
SWITCH vol.27 No.7(スイッチ2009年7月号)特集:笑福亭鶴瓶[鶴瓶になった男の物語]
スイッチパブリッシング

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX縞猫へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ

「ロックの名盤といえば?」

「ロックの名盤といえば?」それは、生まれた年代によっても
違うでしょう?「人は、高校生の頃に聴いた音楽を一生好きだ」という説を
聞いたことがありますが、私にとっては、1970年代のBritish Hard Rockです。
具体的には、ディープ・パープル~レインボー、レッドツェッペリンなどです。
その中でも、それぞれのバンドに最初に出逢った以下のアルバムが好きです。

マシン・ヘッド
マシン・ヘッド
ワーナーミュージック・ジャパン
2015-06-24
ミュージック
Led Zeppelin IV [REMASTERED ORIGINAL1CD]
Led Zeppelin IV [REMASTERED ORIGINAL1CD]
Atlantic
2014-10-28
ミュージック

あと、あまり知られていませんが、ツトム・ヤマシタさんの
Goというアルバムが凄いですよ!スタジオ版は、
スティーヴ・ウィンウッドのヴォーカルと、
アル・ディメオラのギターによるドラマチックな曲がたまらないです。

Go
Go
Esote
2008-10-17
ミュージック
ゴー・ライヴ(紙ジャケット仕様)
ゴー・ライヴ(紙ジャケット仕様)
ユニバーサル インターナショナル
2005-07-13
ミュージック

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX縞猫へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ

5月の読書メーター 読んだ本の数:4

5月の読書 読んだ本の数:4


ソーシャルインフルエンス 戦略PR×ソーシャルメディアの設計図 (アスキー新書)ソーシャルインフルエンス 

戦略PR×ソーシャルメディアの設計図 (アスキー新書)感想



 多くの人に(商品やサービスを)購入してもらうためには、消費者の「他人ゴト」を「自分ゴト」→」仲間ゴト」→」世の中ゴト」へと変える必要がある。消費者の間にある「こんなことをしたい」「こんなものがほしい」といった空気から「戦略PR」で「カジュアル世論」を形成し、消費者に「気づき」を与え、「買う理由ができた状態」の消費者に、「あなたが探している商品はこれではないですか?」と解決策を広告で示すという連携がある。ソーシャルメディアこそが、これからの最大のパートナーであり、ソーシャルインフルエンスの本領が発揮される。


読了日:05月27日 著者:本田哲也,池田紀行



私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)感想




 「平野啓一郎さんは、心理学者でも精神科医でもなく一人の小説家である…」平野さんは私たちが「他者から本質を規定されて自分を矮小化されることを恐れている」と書いている。
 私たちは、コミュニケーションを交わす相手ごとに、その相手にフィットした自分の中の「分人」を発動させ、適応することによって、人間関係を円滑にし、人生を楽しんでいる。平野さんは、世間から小説家と規定されているが、この本で「分人」という単位を提案する姿は、紛れもない心理・精神の探求者であり、私は、大きなパラダイムシフトの兆しを予感します。


読了日:05月13日 著者:平野 啓一郎



ロジカル・ライティング (日経文庫)ロジカル・ライティング (日経文庫)感想




 ’98年にIBMに入社し、最終的に研修部門の部門リーダーを務め、’13年に独立された清水久三子さんによる著書。コンテクストの異なる人が集まるグローバル企業で人材開発に携わり、在職中にも執筆活動を開始されていた清水さんの文章は、まさにロジカル・ライティングで、たった200頁の本の中に、目標を達成するために必要なビジネススキルが、ライティングという枠組みを超えて収まっている。
 資料作成、プレゼンテーションなどコミュニケーションスキルを磨きたい新入社員から新人教育に携わる方まで、広く薦められる良書だと思います。


読了日:05月09日 著者:清水 久三子



ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果感想




 千葉県から出なかったGW…4日に買った『ワン・シング』を読み終えました。また明日から仕事に出かけなければならない自分と読メの皆さんに、著者からのメッセージを届けたいと思います(気に入った人は、本を買ってね♪)。
 「一足飛びに目標にたどり着けるわけではない。毎日、毎週、毎年【一つのこと】に従って生きることで生じる弾みによって、非凡な人生を築くことができるのだ。」※【一つのこと】とは、あなたの求める大部分のものをもたらす少数の選り抜きの活動で、成功の核となるものであり、目覚ましい成果を目的とした出発点のこと…


読了日:05月07日 著者:ゲアリー・ケラー,Gary Keller,ジェイ・パパザン,Jay Papasan

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX縞猫へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ

私は、ペルソナか、それとも「分人」か…

内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)
内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)
講談社
2016-01-08
Kindle本

『内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫) 』
>> 生まれてから58年と9ヵ月…私は自分を外向型人間だと信じて疑わず生きてきました。でも、この本に寄せられた皆さんの感想を拝見していた時、自分も複数のペルソナを使い分け、巧みに(無意識になので、他者から見ると稚拙に!?)他者と接してきたのかもしれない、と思いました。私が苦手なのは、おそらく私のように何らかの理由で基底的自己価値感が傷ついている人で、そのような人同士は、心ならずとも相手を意識し合い傷つけあってしまいがちなのかもしれません。2017/04/04


実は私、その後この本を買ってきたものの、さわりだけ読んだだけなのですが、このブログに書き留めておこうと思った理由は、前述の「自分も複数のペルソナを使い分け、巧みに(無意識になので、他者から見ると稚拙に!?)他者と接してきたのかもしれない、」という件について、別の考え方が急浮上してきたからです。それは、平野啓一郎さんの『私とは何か――「個人」から「分人」へ』を読んだことが切っ掛けでした。

私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)
私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)
講談社

「平野啓一郎さんは、心理学者でも精神科医でもなく一人の小説家です…」平野さんは私たちが「他者から本質を規定されて自分を矮小化されることを恐れている」と書いています。私たちは、コミュニケーションを交わす相手ごとに、その相手にフィットした自分の中の「分人」を発動させ、適応することによって、人間関係を円滑にし、人生を楽しんでいます。平野さんは、世間から小説家と規定されているが、この本で「分人」という単位を提案する姿は、紛れもない心理・精神の探求者であり、私は、大きなパラダイムシフトの兆しを予感します。


「分人」という概念の発見は、私にとっては、フロイトの「自我」「エス」、ラカンの「欲望は他者の欲望である」「対象a」と並ぶ大発見なのではないか?と思いました。


 平野さんは「人間の自我は、常に首尾一貫した分けられない存在であり、様々な相手に接する時は、キャラや仮面、ペルソナを使い分けている。」という考え方は間違っており、「一人の人間の中には、両親や恋人、親友と接する時の分人、職場での分人と、複数の“分人”が存在していて、あなたという人間は(常に首尾一貫した存在ではなく)、長い時間をかけた相手との相互作用の中で生じる分人の集合体である。」というものです。


「分人」という単位が腑に落ちない人は、おそらく「常に首尾一貫した自分を貫いてきた人」と、「キャラや仮面、ペルソナを使い分けることで適応してきた人」との間にいるのだと思いました。


 他の方のご感想・レビューを拝見していた時に、遅ればせながら気がついたことがありました。自分は、相手(専用?)の「分人」で応対しているのに、相手が、それが、私の常に首尾一貫したアイデンティティだと思っていたり、或いは、相手との関係の中で、キャラや仮面、ペルソナを使い分けていると思っていたりして、場合によっては、「誰々さんって、何々だよねぇ~」なんて言いふらしていると思うと、ぞっとするということなのかもしれないということでした。


 平野さんは、何らかの理由で、相手との関係が失われると、自分の分人も失われてしまったり、更新されなくなってしまったりする。と言う。しかし、相手との関係が失われることによって、自分の中の分人と共に美化されることもあるのでしょうね。


にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX縞猫へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ