ブッダに学び、解脱を目指す。

「ディフェンスラインを上げろ!」というタイトルから、「ブッダに学び、解脱を目指す。」というタイトルに変更しました。私の関心が、仕事から人生へと変わったからです。とは言っても、このブログのテーマは、仏教ではありません。自分が幸せになるために、他の人たちにも幸せになっていただくために、釈尊に始まる仏教の智慧、哲学のアプローチ、心理学の知識を学び、活用していきたいと思います。

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方

 99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 >> 世の中に客観などあり得ない。誰もが世の中を、そして自分自身すらも主観的に観察し評価している。

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)
99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)
光文社

 単純な一元論や二元論を離れ、より大きな視点でものごとをみることが大切。より大きな視点とは「間主観性」と呼ばれているもの。世の中に100%の客観などありえない【客観とは、ある意味で習慣の寄せ集め】問題は、どうやってバラバラな主観的仮説どうしの間を「翻訳」し、 全体をうまく協調させるかなのです。


 間主観性というのは、ようするに「相手の立場になって考えてみる」というだけのことなのです。科学的な態度というのは、「権威」を鵜呑みにすることではなく、さまざまな意見を相対的に比べて判断する“頭の柔らかさ”なのです。

 世の中に客観などあり得ない。誰もが世の中を、そして自分自身すらも主観的に観察し評価している。習慣を寄せ集めて可能な限り客観に近い主観を手に入れようと努力するのか、割り切って自分の主観に全権を委ね、自分の主観が満足する人生を追求するのか、それは個々の自由なのかもしれないが、世の中が住みにくい方向に暴走している事態は、既得権益を守ろうとする人々が、自分自身の主観が、客観とは程遠いものに過ぎないという事実を知らず、自分の主観に頼った正義を振りかざすからだろう。力を持つ者ほど、知的でなければならない。


 習慣を寄せ集めて可能な限り客観に近い主観を手に入れようと努力するのか、割り切って自分の主観に全権を委ね、自分の主観が満足する人生を追求するのか、それは個々の自由なのかもしれないが、世の中が住みにくい方向に暴走している事態は、既得権益を守ろうとする人々が、自分自身の主観が、客観とは程遠いものに過ぎないという事実を知らず、自分の主観に頼った正義を振りかざすからだろう。力を持つ者ほど、知的でなければならない。


 人の眼を気にして行動すると言う意味ではなくて、「組織や家庭のリーダーは、組織や家庭を構成するメンバーの視点を意識して全体最適を考えなければならない。」ということだと思います。ゲーゲルが証明した“不完全性定理”じゃないですけど、「この世界の正しさは、この世界のなかからは証明できない」私たちは、現時点で最も正しいと思われる仮説に基づいて決断するしかないのでしょうね。


 「世の中が住みにくい方向に暴走している事態は、既得権益を守ろうとする人々が、自分自身の主観が、客観とは程遠いものに過ぎないという事実を知らず、自分の主観に頼った正義を振りかざすからだろう。」トランプ氏が大統領になることはないと思うが、もしなったら、前述のような事態が増々加速するだろう。
コメント:2015/02/15~03/19

2020/06/15 東京都心の最高気温は、33℃⁉

 夏日、真夏日、猛暑日は、その日の最高気温によって、熱帯夜は、その日の最低気温によって決められます。最高気温が25℃を超えた日を夏日、30℃を超えた日を真夏日、35℃を超えた日を猛暑日と言い夏の暑さの目安としています。また、夜間の最低気温が25℃以上の日を熱帯夜といいます。


 ということは、今日(2020/06/15)は、予想最高気温から、6月中旬にも関わらず、30℃を超える可能性が考えられることから、真夏日!?ということですね。そもそも開催される予定だったオリンピックの暑さ対策が心配されていましたが、新型コロナウイルスの影響と暑さの関係はどのようになるのでしょうか?懸念されるのは、感染予防のために装着するマスクが、熱中症については悪影響を及ぼすのではないか?ということです。


 人は、熱があると呼吸数を増やすことで、体温の低下をはかります。マスクを着けたままだと、当然のことながら、息を吐く時も吸う時も抵抗が加わるわけですし、吐く息はマスクを温めるので、次に吸い込む空気が温められます。ずっとマスクを着けることによって、熱中症が増える可能性もあるでしょう。


 屋外などで、身体を動かす仕事をする時、そばに人がいなければ、短時間でもマスクをあごの下にずらすなどの工夫が必要ですね。

Leyuee【2020年最新改良】 冷却 冷感フェイスガード バイク サバゲー + 冷却タオル 2件套装 ネックガード フェイスカバー ネックカバー カンタンに暑中症対策 熱中症対策 極冷iceタオル UVカット ひんやり 速乾 超吸水 軽量; (ダークブルー(アイスタオル+フェイスマスク)セット)
Leyuee【2020年最新改良】 冷却 冷感フェイスガード バイク サバゲー + 冷却タオル 2件套装 ネックガード フェイスカバー ネックカバー カンタンに暑中症対策 熱中症対策 極冷iceタオル UVカット ひんやり 速乾 超吸水 軽量; (ダークブルー(アイスタオル+フェイスマスク)セット)
Leyuee
Home


コロナの時代 ウイルスは、高温多湿に弱いの?

 6月11日(木)九州北部・関東甲信・北陸・東北南部の梅雨入りが発表されました。
 九州北部や関東甲信では平年より遅く、北陸や東北南部では平年より早い梅雨入りとのこと。


 北半球は、これから夏を迎える。夏になれば、当然のことながら紫外線が強くなり、気温と湿度が高くなる。一方、南半球では、これから冬を迎え、より寒冷な環境を好む部類だと言える新型のコロナウイルスが猛威を振るうことが懸念されている。


 新型コロナウイルスは紫外線や熱、湿度によって消滅するのだろうか? どうやら、高温多湿の環境では、インフルエンザウイルスなどと同じように、ウイルスが機能するのが少し難しくなり、機能する期間が短くなるらしい。


 私たちの肌が、紫外線によってダメージを受けるように、新型コロナウイルスの遺伝情報であるRNAを取り囲んで保護しているタンパク質が破壊される可能性がある。また、球体表面は脂質の被膜に包まれており、石鹸がウイルス破壊に有効となる。
 何としても、新型コロナウイルスが壊れるまでの時間が短い梅雨から夏の期間に、感染の拡大を抑えこみたいものだ。

新型コロナウイルス:脅威を制する正しい知識
新型コロナウイルス:脅威を制する正しい知識
東京化学同人


日本とWHO

 日本が、WHOに加盟したのは、1951年5月とのことなので、私が生まれるより前のことです。WHOは、国連の専門機関で、その目的は「全ての人々が可能な最高の健康水準に到達すること」とのことです。


 新型コロナウイルスの猛威に晒されている世界。私たちが様々なウイルスや細菌などによる感染症から健康を守るためには、公衆衛生(地域社会、国など、社会一般の人々の健康を保持・増進させるため、公私の機関によって行われる組織的な衛生活動)が重要であることが再認識されました。


 日本でも、マスクや消毒液、医療機関で必要な防護服などが不足していることが問題になりました(私は、先日、都内に住む長女から「泡ソープが無い」との連絡を受けました)。でも、手を洗う水がないとか、石鹸がないとか、うがい薬がないという事態ではありませんでした。


 しかし、世界保健機関(WHO)が奨励する手洗いや人との距離を取るといったアドバイスに従うこと自体が難しい人々が、世界には何百万人もいるそうです。新型コロナウイルスの全世界的な収束が見込めないと、渡航制限を解除することは難しいと思いますが、欧州をはじめとする先進国も自国のことで精一杯な状況なので、本当に危険にさらされている人たちに手を差し伸べる余裕はなさそうです。

新型コロナ、香港、台湾、世界は習近平を許さない

 先ず、お詫びです。私は、この本↓を読んでいません。
 習近平さんについて書きたいことがあったので、Amazon検索したら、
 習近平さんのマスクはありませんでした。
 アベノマスク、トランプマスク、金正恩マスクは、あったのに……
 習近平は、人気がないのか、笑いにできない人だからなのか……


 新型コロナウイルスが、中国から世界に向かって拡散したのだとしたら、
 中国の責任が大きいことは言うまでもありません。そのウイルスの実態を
 つかめていなかったという言い訳はできるかもしれませんが、
 警鐘が遅かったことが世界的な脅威に発展してしまった原因だからです。
 賠償云々とは別に、原因の究明から再発防止策は明確にするべきです。


 香港の問題も深刻です。人は一度手に入れた権利を手放すことはできません。
 中国の立場になってみれば、そもそもあるていどの自由を許してきたという
 気持ちもあるでしょう。


 私が、脅威を感じるのは、何と言っても南沙諸島海域における
 中華人民共和国の人工島建設です。これだけは、許せません。
 何故、国際社会は、これを放置しているのか理解できません。

新型コロナ、香港、台湾、世界は習近平を許さない
新型コロナ、香港、台湾、世界は習近平を許さない
ワニブックス
Digital Ebook Purchas