ディフェンスラインを上げろ! @ 作業興奮だ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

「なぜなぜ5回」

 仕事とは何でしょう。色々な意見があると思いますが、私は、
私たちの資源である時間を投資してリターンを得る行為だと思います。
 多くの人は、何らかの組織に所属して(フリーランスであっても
何らかの組織や個人と連携して)仕事を請け負い、それをこなすことで、
リターンを得ているのではないかと思います。


 個人と同様に、組織には仕事があります。組織の場合、投資できる
資源は、従業員の時間だけではありません。設備を揃え、原材料を
加工して販売することでリターンを得ます。


 目的は、リターンを得ることです。資源を投資し、最も効率よく
リターンを得ることが、目的です。まあ、個人の場合は、効率が悪くても、
得意な仕事を選ぶとか、やりたいことを仕事に選ぶという選択もあるでしょう。
しかし、組織の場合は、何かを造りたい、何かを売りたいという動機で
造りたいものを売るのは、決して目的ではありません。


 だから、最も効率よくリターンを得ることができる目的、目標、
手段を発見するために、「なぜなぜ5回」が必要です。
 何故、それを造るのか? 何故、その手段の効率が良いのか、
それぞれの要素を「なぜなぜ5回」で掘り下げることが大事です。
もしかしたら、他に、もっと効率の良い方法があるかもしれません。


にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ にほんブログ村 教育ブログ 教育コーチングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

苦しく窮屈な生き方

「他者の評価を気にしながら生きるのは非常に苦しく窮屈な生き方」
これは、読書メーターで見つけた言葉です。岸見一朗先生の著書である
『嫌われる勇気』を読んだ方が、ご感想・レビューに書かれていました。
もしかしたら『嫌われる勇気』の中に書かれていることかもしれません。


私たちは、他人の評価を気にしながら生きています。幼児の頃は「親」、
子供の頃は「教師」、就職してからは「上司」…
大人、あるいは人生の先輩たちが勝手に設定した「人生の目的、目標、
それに到達するための手段」を押し付けられ、その物差しで、能力を
測られる毎日が続くのです。


押し付けられる生き方を逆に利用できた子供、上手く順応で来た子供は、
大人たちから評価され、レールの上を順調に進むことができますが、
上手く順応できなかった子供、そこに疑問を感じてしまった子供たちは、
諦めてしまったり、自分を評価してくれる他の価値観に救いを求めます。


他の価値観は、往々にして提供する側にメリットがあるものであることは、
言うまでもないでしょう。


私たちは、他人の評価を気にしながら生きなければなりません。しかし、
それが、全てではありません、他人の評価を気にしている「ふり」と、
自分自身の評価の両方をバランスさせることが必要なのです。これは、
一歩間違えば、自己分裂に陥る危険性もありますが、現代社会は、既に、
それが求められるほど、過酷になっているのかもしれませんね。


にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ にほんブログ村 教育ブログ 教育コーチングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

接客の見本

 昨年(2015年)の9月、カミサンのエクスペリアVL(2012年12月購入)が充
できなくなった時のエピソード…


 AU流山おおたかの森店で、リフレッシュ品と交換していただくことになった。
持って行った故障機からロムを移して起動すると、なんとカミサンのではなく、
次女のエクスペリアだった。


 要するに私が間違って次女のを持ってきてしまったのだが、私とカミサンは
動転して「そんなはずはない、3年間ずっとこれを使っていた」と主張した。
にもかかわらず、店員さんは笑顔を絶やさず丁寧に対応を続けてくださった。
う~ん接客の見本を見せつけていただいた。ナイス! - 2015/09/21


にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ にほんブログ村 教育ブログ 教育コーチングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

誰もが自分を語りたい…

今日、感じたこと…
私を含めて、誰もが自分を語りたいんだなぁ~ということ…
決して、自慢話ばかりではなく、中には自虐的なネタもあるけど、
どちらにしても、誰もが自分を語ることで、自分の位置を確認し、
安心したいのだろうなぁ~と思った。


だから、相手の立場になって、話を聞いてあげよう。
そして、自分の話も聞いてもらおう。
そして、限られた世界の中で、そこそこ上手くやってるね!と
安心しよう。


かなり上手くやっている人と比べれば、
ちょっとだけ惨めかもしれないけど、
ちょっとしくじっちゃっている人と比べれな、
まあまあましかもしれないし…


人と比べたりせず、絶対的な評価を与えれば、
誰もが自分なりに頑張っているはずだし、
誰もが自分を愛せるはずだ。


にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ にほんブログ村 教育ブログ 教育コーチングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

俯瞰する力

何を始めるにしても、継続していることにしても、相乗効果を
意識しなければなりません。


私は、商品開発部門で、商品の開発からパッケージの開発に
携わった後で、品質管理部門に異動し、お客様やお得意先から
寄せられる問い合わせや苦情に対応する仕事をしています。
当然のことながら、お客様からのご指摘や、お得意先様に
接する営業の皆さんや、購買や製造部門の苦労も知っています。


どんなにカッコイイデザインでも、部品が造りにくかったり
組み立てにくかったりすると、コストが高くなってしまいます。
コストが高くなると、当然のことながらたくさん売れなくなって、
量産効果が得られなくなり、ますますコストがたかくなります。
つまり、デザインとコストは、トレードオフの関係にあります。


このように、お客様が求めていて外せない要素と、価格との
バランスをとることが、モノを造って売る会社には、必要です。
また、安く良いものが造れても、それをお客様に認知していただき、
流通に乗せて販売するためには、広告宣伝も必要です。世の中に
影響力のある人に、話題にしていただくことも効果があります。


このように、モノに限らずサービスを提供している組織には、
全体を俯瞰する力があるディレクターが求められます。
サッカーに例えれば、ピッチを俯瞰する力がある司令塔が
いる状態です。


にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ にほんブログ村 教育ブログ 教育コーチングへ ブログランキング・にほんブログ村へ