ディフェンスラインを上げろ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

χ(カイ)の悲劇/森 博嗣


 何て言ったら良いのだろう?前半から終盤に向かってリアルとバーチャルを行き来しながらスピード感を楽しませてくれる物語だと思っていたら、終盤になると居ても立っても居られない展開が待っていた。それはすっかり感情移入してしまっていた島田文子に訪れる突然の衝撃。

 悲しすぎる結末に思わず体を硬直させて身構えるが、実際は『有限と微小のパン』や『赤緑黒白』にも通じる穏やかで暖かい着地であった。Gシリーズはまだ続くのだろうが、森先生は、このように幕を閉じることができるからこそ、10巻にも及ぶサーガを描く資格があるのだと思う。

 実は、この『χの悲劇』より『ムカシ×ムカシ』を先に手に入れていたのですが、こちらを先に読んで正解だったと思います。ここまで篩落とされずに読み続けてこられた皆さんが、異口同音に「ここまでは読んで!」と仰る意味が解りました。犀川先生や萌絵ちゃんは登場しなかったけど、すっかり島田文子さんのファンになってしまいました。

 実は、この『χの悲劇』より『ムカシ×ムカシ』を先に手に入れていたのですが、こちらを先に読んで正解だったと思います。

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX縞猫へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。