ディフェンスラインを上げろ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

・資金もスキルもなくて、ビジョンだけの人が多い。

・世の中には、資金もスキルもなくて、ビジョンだけの人が多い。


おお、これも耳が痛い言葉ですね。
資金やスキルを投資してリターンを得ることがビジネスならば、
ビジョンだけの人は、ビジネスが出来ないわけですね。
確かに、ビジネスをやっている人は、何らの方法で資金を作った人だったり、
血のにじむような努力の末に、スキルを身に着けた人たちのようです。


以前読んだ本に、再就職の面接で、「あなたが出来ることは何ですか?」と
聞かれた人が「部長が出来ます!」と言ったという笑い話がありましたが、
「マネジメントができます!」ならともかく、「部長まで勤め上げた!」は、
再投資できる資金でもスキルでもなさそうです…


スティーブジョブスが亡くなって、彼がビジョンだけの人だったようなことを
言う人がいますが、ジョブスは、 スティーブウォズニアックの能力を引き出す
というスキルと持っていたのかもしれません。


にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ にほんブログ村 教育ブログ 教育コーチングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。