ディフェンスラインを上げろ! @ 作業興奮だ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

スタンフォードのストレスを力に変える教科書
スタンフォードのストレスを力に変える教科書
大和書房

>ストレスは役に立つと思うと実際にそうなる。ストレスマインドセットは、考え方だけではなく行動にも影響を及ぼし、効果は持続する。心と体には、さまざまな自然治癒力が備わっている。逆境はレジリエンスをもたらし、つらいできごとは人間としての成長につながる…。


 ストレスを切り抜けるために、原因を相手のせいにすることことは得策ではない。ストレスを受けた時は、自分の側にある要因を分析し、その課題を解決するためのチャンスである。目的達成に対する意欲を高め気分を高揚させる何種類もの脳内化学物質の大量分泌が引き起こされるからだ。


 誰かの上昇志向を実現するために、その他の人がストレスを抱えさせられているのではないかと思います。少なくともストレスをバネに跳ね返したいですね!


 この本は、私たち読者の人生にとって大きな影響力のある内容にも関わらず、とても平易に書かれていて読みやすいので、誰にでも安心して薦められます。未読でしたら、騙されたと思って是非!


 『ストレスを力に変える教科書』が素晴らしい本だったので、『自分を変える教室』を読み直しているところです。新しい気づきがあって良かったです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。