ディフェンスラインを上げろ! @ 作業興奮だ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

脳が教える! 1つの習慣

 創造力を発揮したいのなら自分に向かって質問しよう。そして信じて待つ。小さな瞬間に目を向ければ、子供の頃の貴重な特性を回復できる、一瞬一瞬を楽しみ、周囲や今やってることに夢中になる能力を取りもどせるのだ。自分の能力を余すことなく発揮したいのなら、自分を信じることが大事なのである。


 自分の潜在的な能力を信じられない人が、能力を発揮できるはずがない。但し前提として、自分に周りで起こっていることを観察し情報をインプットしておくことが大切。情報を自分の頭の中で化合させることができた時、差別性のある想像力が発揮できる。


 つまり、自分の能力を余すことなく発揮したいのなら、先ず自分自身を信じることが大事なのです。逆に言うと、自分の潜在的な能力を信じられない人が、能力を発揮できるはずがないのです。


 ただし、その前提として、自分に周りで起こっていることを観察し情報をインプットしておくことが大切なのです。その情報を自分の頭の中で化合させることができた時、他と差別性のある想像力が発揮できるのです。

脳が教える! 1つの習慣
脳が教える! 1つの習慣
講談社
×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。