ディフェンスラインを上げろ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

堀江貴文さんが刑を受けている間に1000冊の本を読み、
書いた『ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく』
その中に「働いていれば、ひとりにならずにすむ。誰かとつながり、
社会とつながることができる。自分が生きていることを実感し
人としての尊厳を取り戻すことができる。」という言葉がある。


仕事の意味は、色々あるだろう。生きるための糧を得るためにから、
自己実現をするためにまで、様々な理由があるだろう。
でも、本当の意味は、堀江さんのこの言葉に集約されている。
人類は、生きるために、働いてきた。身体はもちろん、心を
支えるために、誰かと繋がるために、尊厳を取り戻すために。


にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ にほんブログ村 教育ブログ 教育コーチングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。