ディフェンスラインを上げろ! @ 作業興奮だ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

ディフェンスラインを上げろ!

私は、ことし58歳になりました。
定年まで、後2年しかなくなりました。
そんな焦りを感じる一方で、徐々に意欲を失いつつある自分を感じます。


この歳になって、遅ればせながら気が付いたことがあります。私たちが、
何故勉強しなければならないか、経験を積まなければならないかについてです。


人が、何か始めようとするとき、自分がやりたい!という気持ちが大切です。
しかし、それだけでは中々始めることは出来ません。
そこには、やらなければならない!という緊迫感と、誰かの期待が必要です。
そうです。何かを始める時は、その人に、それをやり遂げられるという
可能性が必要なのです。


その可能性を培うのが、勉強や経験です。何かをやりたくなったとき、
それを始めるためには、それを始められるだけの基礎が必要なのです。


にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 社会教育へ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ にほんブログ村 教育ブログ 教育コーチングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。