ディフェンスラインを上げろ! @ 作業興奮だ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

「苦手な家事は何ですか?」

 舛田 光洋さんによる「そうじ力」シリーズ?を3冊も読んだのに…相変わらず苦手な家事は、そうじです…でも、改めて自分が書いた感想・レビューを読むと、そうじ力を高めることによって、部屋がきれいになるだけではなく、「運がよくなり、成功が加速し、夢がかなう」ことが分かります。そうじが苦手な方は、勉強が苦手な方と同じように、最初から飛ばし過ぎて続かなくなってしまう…先ずは、毎日15分から…

3日で運がよくなる「そうじ力」 (王様文庫)
3日で運がよくなる「そうじ力」 (王様文庫)
三笠書房

 本文より・・・部屋がたくさんの荷物であふれているとしたら、 それは、あなたの心にそれだけ多くの荷物がある、ということです。 古くなり不要になったものは、そのモノ自体がマイナスのエネルギーを発する 存在に変わります。 新しい自分になるためにの足かせになるものを残してはいけないのです。
  捨てなければ、新しい運気はめぐってこないし、新しい未来もやってきません。 何のために捨てるのか―それは悪いエネルギーを一掃し、 新しく生まれ変わるためです。

夢をかなえる「そうじ力」 (サンマーク文庫)
夢をかなえる「そうじ力」 (サンマーク文庫)
サンマーク出版

 著者の舛田さんは、以前、事業に失敗し、離婚した経験がある。傷つき何も手につかず、部屋はすゴミ溜めのようになっていた。そんな舛田さんが目覚めたのは…友人が舛田さんの部屋の汚さを見て驚き、翌日、色々な道具を持って来て部屋のそうじをはじめた。その友人はプロのそうじ屋だったのです。
 そうじが終わり、その友人はスッキリした顔で「どうだ、気持ち良いだろう」と言ったそうです。舛田さんは、今や「そうじ力研究会代表」などを務め、「そうじ力」を導入した独自の企業発展プログラムを開発し、多くの経営者から高い評価を得ている。

成功を加速する「そうじ力」
成功を加速する「そうじ力」
ソフトバンククリエイティブ

 「自分の現状を正しく把握せずして、成功はない」根拠のない焦りを退治するために、心を静めて素直に自分自身と向き合うこと。焦りから解放されて、自分自身の責任であると気づいたとき、正しく客観的に自己の現状を把握することができる。
 毎回同じパターンで失敗する人は「自分は失敗する」と信じている。恋愛で傷つく人、貧乏だと嘆く人は、自己限定を崇拝している。自分を信じるところから始めなくてはならない。あなたがあなたを信じてやれなくて、いったいだれがあなたを信じてくれるでしょう?人は、信じられた時に無限のパワーを発揮します。


にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX縞猫へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。