ディフェンスラインを上げろ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

 魔術はささやく

魔術はささやく (新潮文庫)
魔術はささやく (新潮文庫)
新潮社

 物語りは、二人の女性の自殺と、一人の女性の交通事故死という事件から
 始まり、一人の女性の事故死が、不幸な境遇にありながら健気に生き、
 ようやく落ち着いた家族を手に入れた青年の人生に再び暗雲を呼び寄せる。


 女性をはねたのは、青年を引きとった伯父が運転するタクシーだったからである。
 青年は、伯父が関与した事故が業務上過失致死罪ではないことを証明するために、
 立ち上がる。


 最後の最後で、次から次へと真相が明らかになるという波状攻撃で、
 まさに文字を追う眼と頁を捲る手が止まらなくなりました。


 不幸な境遇に置かれた人が、その境遇にどのように耐え、
 どのように脱出してゆくか、家族を信じ、自分自身を信じ、
 自分の中の闇と闘い、光を手繰り寄せるのか、この作品を読んで、
 改めて宮部さんの作品を読みつくしたいと思いました。


 第二回(1989年)日本推理サスペンス大賞を受賞したという
 肩書がなかったとしても、私は、この作品が宮部みゆきさんの
 代表作の一つとして押したいと思います。


 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ にほんブログ村 猫ブログへ 

 にほんブログ村 猫ブログ MIX縞猫へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。