ディフェンスラインを上げろ! @ 作業興奮だ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

スタンフォードの自分を変える教室

スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)
スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)
大和書房

 私達の中には一人ではなく何人もの自己が存在します。一人の人間の中に目先の快楽に走ろうとする自己と、もっと大事な目標を忘れない自己が存在します。私達は誘惑されやすく出来ていながら一方で抵抗する力も持っています。


 自分をコントロールできる人は、せめぎ合う様々な自己を受け入れ、折り合いをつけています。報酬の予感は必ずしも報酬をもたらすとは限りません。誘惑に負けてしまいたいような時は、ぐっと踏みとどまって自分の中の欲求を静かに見つめることです。自分がほんとうに望んでいることを忘れずどうすれば嬉しく思えるかをわきまえることです。


 宮部みゆきさんの『ソロモンの偽証』を読んでいる時も思ったことですけれども、人間は、言語を使って、過去のことも、未来のことも、自分が行ったこともない宇宙のことも知ることができるし、考えることができる。だから、人間らしく生きるということは、未来のために、過去を活かすことなのだと思う。


にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX縞猫へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。