ディフェンスラインを上げろ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

キアズマ

キアズマ (新潮文庫)
キアズマ (新潮文庫)
新潮社
2016-02-27

 あらずじ…
 正樹は、自転車部の部長を怪我させてしまうという事故を切っ掛けに、
 1年限定で自転車部に所属することになった。やがて自分の才能に目覚め、
 自らの過去と葛藤しながらも、レースに挑んでいく。


 『エデン』の舞台であるツール・ド・フランスよりも明らかに小さい
 舞台にも関わらず、登場人物の心の中に深く入り込むことによって
 無限大の世界観が描かれ、そのスピード感も勝るとも劣らない。


 近藤史恵さんは、チカには封印させていた勝利への渇望を正樹には
 解き放つことを許す。命を削るように走る櫻井も、正樹に訪れた
 チャンスには惜しみなく手を貸すのであった。


 読んでいる途中でも、つぶやきたくなるほど興奮しました^^;A


 国内のレースだと、周回コースになってしまう。というのも興ざめですけど、
 サイクルロードレース特有の、アシストに守られたエースが疾走する。
 という絵面にならないのも残念です。さらに、ゴール前のスプリントが
 激しいのもどうなんだろう?


 いやあ、まだゴール(読了)していない時点でも、買って良かった!
 読み始めて良かった!と思えた作品でした…『サクリファイス』から
 始まって4作目なのに全くマンネリを感じさせない!
 世界は狭くなっているのに、物凄く深くなっている。


 ミステリーは面白いけど、やっぱり主人公の成長譚ほど面白い読み物は
 ないのだと思う。それとも最後の最後で、読者が無意識に孕まされた
 謎が解かれるのか?周回が重なる程、駆引きが繊細になって、
 ゴールが近付くところで、残された力を振り絞りスプリントする
 レースのようだ。そのコーナーを曲がった先にあるゴールにはいったい
 何が待っているのだろう?


 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ にほんブログ村 猫ブログへ 

 にほんブログ村 猫ブログ MIX縞猫へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。