ディフェンスラインを上げろ! @ 作業興奮だ!

ディフェンスラインを上げろ!というタイトルですが、このブログのテーマは、サッカーではありません。私がディフェンスラインを上げろ!と言っているのは、個人や組織の能力の底上げを意味しています。天才ならともかく、凡人は、特定の能力を高めるよりも、汎用性の高い能力の底上げが大切です。この考え方は、私たち一人ひとりの人生にも、組織の運営にも、必要な意識をもたらすものだと信じています。

ふたつめの月

ふたつめの月 (文春文庫)
ふたつめの月 (文春文庫)
文藝春秋
2012-11-02
Kindle本

 近藤史恵さんは、優しい、そして、ちょっと意地悪だ。読者は、筋を辿りながら、
 久里子に、弓田に、赤坂に、こうなって欲しい、こうあって欲しいと願う。
 その願いは、裏切られることが多い、そう、より良い方に、または、より悪い方に、
 でもそこが、この物語りの魅力なのだ。ミステリーには、どんでん返しがつきものだ。
 その先に、より大きな悪が控えていることが多い、しかし、前作『賢者はベンチで
 思索する』と、この『ふたつめの月』は、謎の真相が、より穏やかという稀有な
 作品たちだ。読者は、最後に、ホッと胸をなでおろし、余韻に包まれる。


 この本を読んで思った。
 事件や謎の真相が「なんだそうだったのか」と肩透かしのような内容なのに、
 だからこそ「良かった」と思えるミステリーって他にないような気がする。
 だって、ほとんどのミステリーは、読者の想像を超えるボスモンスターを
 控えさせておくのが作家達の常套手段であるわけだから…
 でも、近藤史恵さんは違う。まるで、子守唄のように聴いた寓話の様に、
 あたたかい余韻に包まれながら、眠りの中に誘い込まれる。


 にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ にほんブログ村 猫ブログへ 

 にほんブログ村 猫ブログ MIX縞猫へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。